農業界地図ロゴ

2017年08月30日

廃棄野菜がクレヨンに!?デザインと農業の融合

“廃棄野菜からクレヨンができる!?”
これまで農業について学んできた中でも初めて聞いた話に興味を持った私は、“おやさいクレヨン”についてもっと知りたいと思い、製造・販売されている mizuiro株式会社 代表 木村尚子さんに、起業のきっかけから“おやさいクレヨン”の製作過程、今後の目標についてお話を伺いました。
(取材:2017/7/6、記者・堀内|掲載:2017/8/30)


170823_おやさいクレヨン(1).jpg

―廃棄野菜というと、形が曲がっている、大きさが小さすぎるなど、規格外の野菜をイメージしますが、実際にはどういったものを使用されているのですか?

 原料の多くは、加工場から出る野菜クズを使用しています。例えば、原料の一つに長芋がありますが、青森県は長芋の産地であり、とろろ製造等の加工場はほぼ一年中稼働しています。そこでは皮の部分が毎日約1トンも出るそうなのですが、通常それらは産業廃棄物として費用をかけて処分しています。そのようにお金をかけて廃棄される皮をパウダーにしてクレヨンの原料にしています。
 長芋以外にも、ごぼう茶の出がらしや、カシスジュースの絞りかすなども使用してます。実は青森県はカシスの生産量が日本一なんですよ!

―そうなのですね!青森県はリンゴのイメージが強いのですが、カシスも日本一とは知りませんでした…。加えて、原料となる廃棄野菜は農場から出るものを使用されていると思っていましたので驚きました。

 最初は県の方に相談に行き、野菜の出荷や加工場をされている業者さんをご紹介いただきました。
 また、そのつながりで県内の農家さんのところへ一緒に連れて行ったいただいたのですが、畑で廃棄されている野菜が沢山あることに驚きました。廃棄に頭を悩ませる農家さんの声や、畑からでる廃棄の量に大変な驚きを感じ、“それらを集めてクレヨンにしよう”と考えつきました。

―木村さんご自身は、広告関係にお勤め後、『親子で楽しめる時間をデザインする』という理念のもと2012年に起業されましたが、それまでは農業とのつながりはなかったのですか?

170823_おやさいクレヨン(2).jpg 親戚はリンゴ農家なので小さい頃からリンゴ摘みに行ったりはしていましたが、青森県は農業や漁業が盛んな地域なので、どちらかと言えば農業は特別なものではなく当たり前の存在でした。しかし起業するにあたり「青森県の魅力をPRしていきたい」という想いもあったので、青森県の良さである野菜や果物が美味しい・水がきれいといった部分を元にした何かを生み出していきたいという考えになっていきました。
 加えて、起業する前に県内の藍染展へ行ったのですが、自然の色で染めた、機械的でなく数値化されていない色の奥深や美しさに感銘を受けました。もともと絵を描くことや文房具が好きだったので、藍染の青が自然の色であるなら、野菜や果物の色で絵を描く道具や文房具を作れたらいいなとも思っていました。

―様々なきっかけから実現した商品なのですね。実際に農家さんとも接する機会があるとのことですが、農家さんと直接取引をされることもあるのですか?

 今は県内の農家さん5軒から各2〜3種類ずつ野菜を提供してもらい、全部で10色のクレヨンを製造・販売しています。農家さんにはわざわざ捨てるところを乾燥・保存してもらう手間がかかるので、微々たる売り上げだとは思うのですが買い取りをさせて頂いております。
 原料をトータルしても、現状では廃棄野菜の削減を解消するほどの量を使用できていないところが非常に残念ではあるのですが、少しずついろんな商品を増やしていけばと思っていますし、先ほどのカシスのように、あまり知られていない青森県の農産物の魅力についてもクレヨンを通して発信していきたいと考えています。

―実際に“おやさいクレヨン”を使用されいてる方の声を教えてください!

 子供たちは“これ食べられるの?”とか“なんで野菜がクレヨンになってるの?”とか、単に絵を描くだけじゃなくて興味をもって使ってくれています(※注意:おやさいクレヨンは口に入れても安全ですが食べられません)。あと稀に、時期にもよりますが、ネギなど香りの強いものはクレヨンに香りが残っていることもありますよ。クレヨンのできた背景や、野菜がどこからきたか、という話を家族でしながら、自然に食べ物に関して考えてもらう時間になれば、食育の一環にもなるかなと思います。
 こんな風に、ものの良さをよりよく伝えて、それをユーザーさんが受け取って、何か幸福になったり、ためになったり、そうゆうふうに伝わってる様子が見えた時に、ものづくりの喜びややりがいを感じますね。“おやさいクレヨン”は値段は決して安くありませんが、「安心して使えるものを使いたいのでこうゆう商品があってよかった」という声は多く耳にします。おじいちゃん・おばあちゃんがお孫さんにギフトで贈ったり、ご友人の出産祝いといったプレゼントとして使われる方も多くいらっしゃいます。廃棄野菜が“おやさいクレヨン”になり、様々な家庭で使われていることを知ったときはとても嬉しいですし、自分が作ったものがそうゆう風に使われていることはすごく不思議でもあります。会社の理念は「親子で楽しめる時間をデザインする」ですが、今後も心に残るものづくりをしていきたいと考えています。

―この事業を始めて、木村さんご自身も農業や野菜に対する意識は変わりましたか?

 変わりましたね。小さい頃から身近にあった農業ですが、農家さんがどのような方かというのは存じ上げませんでした。しかし事業を通し、いろんな方にお会いして作物に対する思いを伺っていると、「こんなにたくさんの手間暇と心を込めて作っているものを、いつもいただいているんだな」と思えるようになりました。なんと言いますか、農家さんの顔や想いが見えてくるとスーパーに並んでいる農産物も違ったものに見えてくるような、、、そういう感覚もすごく大事なことだと感じています。

―農業とデザインは一見関係のない分野にも思えますが、お話を伺い、融合することで両方の魅力が増していくと感じました。

 「農業×デザイン」が生み出す可能性はとても大きいと思います。すごく美味しくて品質も確かな農作物が出来上がったときに、それを伝えることを補助する役割がやはりデザイン力だと感じています。農業とデザインが融合することで地域の良さも伝えられると思いますし、それまで埋もれいてた商品の魅力も見いだせると思います。そうすることで価値やお金の循環が生まれ、結果的に農家さんにも還元できれば理想的です。

―最後に、「農業×デザイン」に興味のある学生に一言お願いします!
 私は、好きなことを仕事にすることは幸せなことだと思っています。もちろん辛いこともあるかと思いますが、やりがいもありますし、挑戦してほしいと思います。そして新しい農業スタイルを発信し、若い力で農業のイメージをどんどん変えていってほしいなと思います。


170823_おやさいクレヨン(3).jpg*取材はスカイプにて実施いたしました。
*写真は木村様よりご提供いただきました。




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る




posted by agri-map at 12:25| Comment(0) | 様々な取り組み

2017年06月30日

都市農業のパイオニアに聞く! 農業体験農園の魅力と役割

近年、都市住民が身近に始められる農業が注目されています。
今回は、平成8年に全国で初めて農業体験農園(※)「緑と農の体験塾」を開園された都市農業のパイオニア・加藤農園 園主 加藤義松さん(東京都練馬区)にお話を伺いました。

voice39_加藤農園_加藤さん.jpg

(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」39号/2017年夏号より転載)

農業体験農園の魅力と役割

―現在は様々な体験農園が開設されていますが、その原型を作ったのは加藤さんだと知りました。なぜ始められたのですか?
voice39_加藤農園_加藤さん2.jpg きっかけは大きく2つありますが、ここ20〜30年で都市農業の環境も随分変わったので、当時の状況も含めお話します。
 まず1つ目は、「地域の方々に農業を理解してもらう取り組みをしないと宅地化してしまう」と危機感を持ったからです。私が小さい頃、この地域は田畑が広がっていましたが、高度経済成長期の波がきて、昭和43年には新都市計画法ができました。この法律は簡単に言うと「都市の農地は10年以内に宅地化しないさい」というものですが、この地域も指定区域に入り、周りの畑はどんどん住宅に変わっていきました。加えて、マスコミはじめ世論は「農家が農地を手放さないから地価が高いんだ。宅地化しろ」と風当たりが強かったんです。だからこそ、農業への理解者を増やしたいと思いました。
 もう1つは、「農業は人に感動を与えることができる!」と衝撃を受けたからです。私の娘が小学生の頃、PTAから「収穫体験をさせてほしい」との申し出があり、親子70〜80名がいろいろな野菜を収穫しました。野菜のなかに里芋もあったのですが、掘り上げたとき大歓声が上がったんですよね。それを見て、「同じ農業をするなら、こういう仕事をしたい」と思いました。
 これをきっかけに体験農園の構想ができました。このアイディアを友人の白石好孝(白石農園・東京都練馬区)に話したら乗ってくれて、実現へ向けて進んでいきました。

―開園されるまで、どのような苦労がありましたか?
 一番の問題は法律上の問題でした。資料を作り練馬区に持って行ったところ「農地法の関係で非常に難しい」と言われましたが、区の担当者も興味を持ってくれました。この体験農園の仕組みは、行政にとっても利点のある取組みだったからです。

―なぜですか?
 昔から行政管轄の市民農園はあったのですが、利用者同士のトラブルや周辺住民からのクレームなど様々な問題を抱えていました。それを農家が自ら解決してくれるなら行政としてはありがたいですよね。加えて、農業経営にもプラスになる仕組みなので、どうにか実現できないものかと交渉を繰り返し、4年かけて開園にこぎつけました。

―4年ですか!やはり最初は大変だったのですね…。開園から20年以上経ちますが、今の利用状況を教えていただけますか?
 1区画が30平米あり、全部で153区画ありますが、全て埋まっています。契約は1年間で、5年間更新できます。利用者の利点は、野菜を短期間でプロ並みに作れるようになること。しかも、農具や種苗は園主が提供するので手ぶらで参加できますし、1年を通して自分で作った新鮮な野菜を食べられます。利用者の9割は練馬区民で、畑からすぐ近くに住む方も利用されていますよ。

voice_12p02.jpg
(写真)左:利用者の質問に丁寧に対応する加藤さん / 中央下:区画ごとに立札が立てられている。
    中央上:畑の周囲は住宅に囲まれている。 / 右:自転車で来られる方も多い。

―利用者の中には頻繁に来られない方もいると思いますが、その場合は加藤さんが野菜の管理をされるのですか?
 私は一切面倒は見ません。なぜなら、失敗も必要だからです。たとえ管理が悪くて枯れたとしても「悪い例」として勉強できるじゃないですか。それもいいことだと思います。
 また、畑の管理は個人の問題ではなく、畑全体の問題になることは、皆さんも意識されていると思います。例えば管理が悪くて害虫が発生すれば、そこからほかの利用者の区画に広がる可能性もありますが、そうならないよう気遣う心も生まれてきます。
 体験農園の大きな特徴は、こうしたコミュニティーが発達することだと感じています。

―コミュニティーですか?
 そうです。畑の中だけでなく、近隣住民との新しいコミュニティーもこの農園を中心に生まれました。例えば、炊き出し訓練。当農園では年に2回ほど収穫祭をするので大きな寸胴やコンロがありますが、もし震災があったときには、それらを使って炊き出しができますよね。それもあり、近隣の町会と連携して炊き出し訓練をしましたが、その時は300人ぐらい参加しました。
 近年、都市農業は価値や役割が大きく変わり、地域の役割をも担うようになりました。だからこそ、近隣住民にとって、なくてはならない存在になることが重要なんです。

―加藤さんは、都市農業をどのようなものだと考えられていますか?
 とても透明性のあるものだと思います。周りが消費者という中で農業をしていますから。「地域の人たちが近くの畑の野菜を食べて、その野菜についてもっと知りたくなる。その情報を農家が出していく」というような地域密着型の農業が全国で広まれば、日本全体で農業への理解も深まると思いますし、都市農業にはその使命があると思います。
 それに、都市の中に農地があるのは、かつて都市計画に失敗して混在してしまったという経緯はありますが、先進国ではかなり珍しく、2019年にはここ練馬区で「世界都市農業サミット」が開催される予定です。都市農業は日本農業をコマーシャルする最前線基地にも成りえると思います。

―最後に学生に一言お願いします!
 日本の農産物は、世界の中でもナンバーワンだと思います。だからこそ、日本の農産物に自信をもってほしいし、地域でつくられる野菜をもっと食べてほしいですね。

就農のきっかけ&やりがい

voice_12p04.jpgQ.就農のきっかけを教えてください。
A.当時、農業をすると社会から取り残されるようなイメージがあり、「農家にだけはなるまい。絶対に継がない」と思っていましたが、母が早くに亡くなり、けっこうな面積を一人で耕す父の姿を見て「やらないといけないな」と思い、26歳のときに仕事を辞めて就農しました。一大決心でしたよ。

Q.農業にやりがいを感じるようになったのはいつ頃からですか?
A.30歳で直売を始めてからですね。それまでは外にテーブルを出してちょこちょこ販売していましたが、そこそこ売れたので、「大きくやっても売れるかも」と思い、畑の近くに物置小屋を建てて始めました。当時は市場出荷が当たり前で農家直売が珍しかったこともあり、大繁盛しましたね。朝9時の開店時にはすでにお客さんがいて、商品がなくなれば畑に走って採ってきて売るという感じで、ずーっと走り回っていました。「お客さんに評価されて、感謝されて、かつ収益も上がるのが理想的な良い仕事だな」と実感しました。
 体験農園でも利用者に感激してもらえると嬉しいですし、利用者のなかには大手企業で働いていた方などもいて、こちらが勉強させてもらうことも沢山あります。開園当時は、利用者から「加藤さんのやってることは社会的にすごく価値がある。頑張れよ」と励まされたことも自信につながりましたね。

(※)農業体験農園

 農業者が「経営の一環として消費者参加型の農業」(*)を行うこと。
 行政等が主導する市民農園や民間企業等が提供する体験農園と異なり、農業者が営農の一部を消費者に提供し、消費者と共に農作業を行う点が大きな特徴です。
 「農業体験農園」は、あくまで営農の一部であるため、作目や品種、農具、栽培方法などは園主が決定し提供します。利用者は自分の好きなものを勝手に作ることはできませんが、農家から直接指導を受けられたり、高品質な野菜を収穫できるなどの様々な利点があります。この方式は「練馬方式」とも呼ばれ、全国に広まっています。

voice39_12p03.jpg
△ 必要な農具や種苗、農薬等が準備されている。講習用の掲示板やスペースも完備。

[引用・参考]
・(*)全国農業体験農園協会(http://nouenkyoukai.com/whats.htm)より引用 
・「都市農業必携ガイド」(著:小野淳ほか、発行:農山漁村文化協会)

公式サイト

・農業体験農園「緑と農の体験塾」 ⇒ http://midoritonou.main.jp/



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る


posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 農業法人・農業者

「食べる」は「命をいただく」こと
菅田 悠介 (慶應義塾大学 環境情報学部 3年)

食料廃棄問題と狩猟に興味をもつ大学生・菅田さんにお話を伺いました!

voice39_菅田君.jpg

(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」39号/2017年夏号より転載)

―菅田さんのブログで、飼っている鶏を解体している様子を見ました。
 「食べ物は命だった」っていう感覚を伝えたくて。鶏が肉になる過程を知ってほしいんです。たしかに解体の様子を写真で見ると「グロい」ってなるんですけど、目の前でさばくと別の感情が生まれるんですよ。
 いま、大学の近くに畑をお借りしています。そこに鶏小屋も作って、9羽飼ってます。その鶏をさばいて食べるイベントもしています。ネットで見る情報だけで判断しないで、実際に触れて、食べることについて考えてほしいんです。

voice39_菅田君2.jpg
(左)約1反の畑を耕している / (右)手作りの鶏小屋

―こうした活動を始めたきっかけは?
 大学1年の夏休みに、高校時代から興味を持っていた福岡の猟師さんの元に訪れ、鴨をさばく体験をしたんです。その時の衝撃がすごい大きくて。「その命を自分のものにさせてもらう行為が食べることなんだ」って感じました。それから一切食べ残しもしなくなったんです。「この感覚をほかの人にも伝えたい!」そう思ったのがきっかけです。

―いま、手にコーラをお持ちですが、普段はジャンクなものも食べるのですか?
 食生活は特にみんなと変わらないですよ!普通にファストフードとかも食べますし、いわゆる「どんなお肉かわからない」お肉も買って食べてます。でも、「このお肉は、どこで育って、どうやって解体されたんだろう?」っていう過程は、絶対に考えます。考えて、「いただきます」ってしっかり言って、食べる。どんなお肉でも、命の重さは同じなので。食べることをすごい意識してるから、食べ残すって概念はなくなりましたね。

voice39_菅田君3.jpg
(左)菅田君が獲ったイノシシ(狩猟免許あり)/(右)ふいに渡されたイノシシの頭蓋骨にビックリ!

―いま大学3年生ですが、将来はどんな仕事に就きたいと考えていますか?
 理想は、今の活動をみんなに必要だと思ってもらい、それが仕事になるという形ですが、今の活動からどうやって利益を追求していいかわからなくて…そのあたりは、いま大学の授業で学んでいます。たとえそれが難しくても、食料廃棄の分野に関わりたい、というのは決めています。

―今後の展開を教えてください!
 僕がいつも大事にしているのは、「常識を疑う、当たり前を疑う」こと。どんな問題であっても、実際に自分でやってみて、とにかく考えることが第一歩になると思うんです。今の活動も「教える」というよりは、「知るキッカケを生み出したい!」と思っています。

voice39_菅田君4.jpg

公式サイト

遠藤部族日記
⇒ http://tayusuga.hatenadiary.jp/



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る


posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 学生・学生団体

【新しい農業に挑戦!】 稲作×ソーラーシェアリング

農業の新しい形のひとつ「ソーラーシェアリング」。
今回は、実際に導入されている(農)木津みずほ生産組合 代表理事 坪谷利之さんに、始めたきっかけや目標などを伺いました。

voice39_4p06.jpg

(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」39号/2017年夏号より転載)

【農事組合法人 木津みずほ生産組合】

voice39_4p01.jpg 1986年設立。所在地は新潟県新潟市江南区木津。
稲作専業の農業法人で、耕作面積は約45ha。
現在、常勤スタッフ5名を中心に米を生産・販売している。


【新しい農業に挑戦!】 稲作×ソーラーシェアリング

―なぜ「ソーラーシェアリング」を導入しようと思われたのですか?
 voice39_4p02.jpg メガソーラーを導入している先輩の話を聞いて「楽しそうだな」と思ったのがきっかけです。新しいもの好きだからさ(笑)。
 メガソーラーと違い「ソーラーシェアリング」では、営農の条件等を整え農地を一時転用すれば設置できます(※)。つまり、農業と売電が一緒にできるということ。当社では露地プール育苗の上に設置しています。面積は約1反(育苗の総面積は約5反。ハウス育苗と露地プール育苗が半々あり、露地プール育苗の半分の面積に設置している)。円滑に作業ができるよう、地面からパネルまでの高さは2 m以上あります。
 設置にあたっては、育苗期間や検証方法などで農業委員会ともめましたが、3年がかりで話がまとまり、今年4月から工事を開始し、5月に完成。完成した翌日から売電を開始しました。

―3年がかりですか!大変でしたね…。今年から始められたとのことですが、育苗への影響はありましたか?
 通常の露地プール育苗と比べて、根の張りが少し弱かったり、葉の色が濃かったりしましたが、経験値からして問題ない範囲です。育苗に必要な太陽光は、パネルとパネルの間や横から入るので、日射量はほぼ問題ないと思います。田植えも順調に終了しました。

voice39_4p04.jpg
(写真ともに) 左:パネルなし、右:パネルあり。若干の差が見られるが問題ない程度。

―今後の生育や収穫量にどのくらい差がでるか気になるところですね。あと、費用についても気になるのですが…。
 設置費はソーラーパネルやパワーコンディショナー、電柱設置費などトータルで約1,800万円です。売電に関しては、産業用なので設置してから20年間の買取保証がされています。売電目標は年間180万円。そうすると、10年間で設置費を ペイできて、残りの10年間は利益になるという想定です。ざっくりだけどね(笑)。
voice39_4p05.jpg
(写真)左:パワーコンディショナー / 右:電柱と電気メーター。売電の状況が見える。

―ワクワクしますね!あと御社では「ソーラーシェアリング」以外にも、効率的な農業の実践や、農地中間管理機構を活用した農地集積への動き、輸出など新しいことに積極的に取り組まれていますが、どのような農業を目指されていますか?
 儲ける農業!他産業並みどころか、追い越さないとね。そのためにも積極的な情報収集や発信、行動が重要です。外へ出る機会も多いので、現場を任せられるスタッフ達の存在もとても大きいですよ。

(※)営農型発電設備 (通称: ソーラーシェアリング)

平成25年、農林水産省が「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて」を公表。農地転用や営農等の取扱いについて取りまとめられている。
詳細⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/noukei/130401.html



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る


posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 農業法人・農業者

ベジアナ的 「農業×メディア」の仕事

とても明るく「農の魅力」を伝える小谷あゆみさんに、「ベジアナ」になった経緯や情報発信のコツなどを伺いました!

voice39_9p01.jpg
△静岡県の農家さんと小谷さん(左端)

(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」39号/2017年夏号より転載)

ベジアナ的 「農業×メディア」の仕事

―小谷さんは「ベジアナ」として活動されていますが、そもそもベジアナとはどういうお仕事ですか?
 野菜をつくるアナウンサーなので略して「べジアナ」と名乗っていますが、農業との出会いは、石川テレビでアナウンサーをしていた時です。就職留年をしてようやく就けたアナウンサーでしたが、人の書いた原稿を読むだけでなく、「もっと面白いニュースを伝えたい」と思い、野菜づくりや農村を訪ねる企画を制作し、毎週のように一人で車を運転し田んぼへ通っていました。春から秋まで棚田の米づくりを撮影する中で、里山の美しさは人に見てもらうためではなく、おいしいお米を作ろうとする農家の仕事から生まれるんだということにもう完全に圧倒され、「この感動を伝えなくては!」という使命感にかられたんです。
 畑で出会うじいちゃんやばあちゃんの方言もおもしろく、農業・農村はネタの宝庫なんです。石川テレビには10年いましたが、その後退職して上京し、フリーアナウンサーおよびエッセイストとして活動を始めました。東京でも区民農園をやっていて、それをブログで読んだ方が「ベジアナ」と名付けてくれました。

―情報発信に興味のある学生はいると思いますが、同じプロセスを踏みその道へ進むのは難しそうですね…。
 たしかに、まず局アナから始めるのはだいぶ遠回りですね(笑)。私の場合、テレビというマスメディアの内側から職業人をスタートできたのはラッキーだったと思いますが、今の時代なら、情報発信は SNSでも十分できます。何千人もフォロワーを持つ農家さんも大勢います。個人がメディアそのものになって発信ができる「一億総メディア」の時代です。

―小谷さんならではの情報発信のコツはありますか?
 発信というのは、どんな小さなつぶやきでも読んだ人に「影響」を与えます。問題提起として使う人もいるでしょうが、私の場合は、「ポジティブに、感動をおもしろく」がモットーです。
 何をおもしろいと思うかで、自分という人間の正体がバレるんです。その積み重ねが独自の視点≠ノなります。この間、茨城で放牧酪農をやってる友達(上野裕さん)を訪ねたとき、牛よりもウンチの写真をたくさん撮ってアップしました。上野さんはウンチを見るだけで「これは1週間前のだね、これは2週間」と言い当てるんです。爆笑しながら感動しました。放牧は草地が舞台ですから、牛のフンが堆肥になり飼料の草を育てる循環の象徴がウンチなんです。

voice39_9p02.jpg

―マニアックですね(笑)
 マニアック!最高ですよ(笑)。だって草地の循環を知らないとウンチに感動できませんからね。大笑いして勉強になるウンチよありがとうです(笑)。こうして「農」のマニアックな情報ばかり見つけて発信していると、「どうやら小谷という人は農業をおもしろがっていて発信にも強い人だ」と周りに認識され、仕事が向こうからやってきます。自治体から講演依頼もありますよ。

―努力次第で仕事の幅も広がりそうですね。最後に学生に一言お願いします!
 自分が進みたい方向で職業的に成立している先輩や師匠を見つけて、真似するのがいいでしょうね。わたしには師匠がいなかったので20年かかりました。農業系の新聞・雑誌、地方や移住系のWEBメディアもありますが、そもそも「農業×メディア」とは何か?実は道の駅やアンテナショップ、産直マルシェなんかもメディアなんです。農家自身も発信さえすればメディアです。「農」の魅力をいろんな立場の人が発信してほしいです!

公式サイト

小谷あゆみブログ 「べジアナあゆ の野菜畑チャンネル」 Powered by Ameba
⇒ https://ameblo.jp/ayumimaru1155/



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る


posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 農業法人・農業者