農業界地図ロゴ

2014年06月30日

頼れるFinancial Partner!【一般社団法人全国農業経営専門会計人協会(農専会)】

一般社団法人全国農業経営専門会計人協会(農専会)
事務局長 若山茂樹さん (兼務:名南経営コンサルティング)

 
(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」27号/2014年夏号(6月発行)より転載)

「頼れるFinancial Partner!」

―御社はどのような組織ですか?
 農業経営をサポートする全国の会計事務所が集まったコンサルティングファームです。農業現場でのコンサルティングは会員である各会計事務所が行うのですが、事務局である当社は、会員さんの取りまとめや会員サポートを行っています。

―そうなのですね。具体的にはどのような業務をされるのですか?
 一つは、会員さんが各地で活動される際に役立つ情報やツールの提供です。例えば、「農業経営に詳しくなりたい」と思っている会員さんを対象に、定期的に研修会を開催しています。研修会では、国の政策についてきちんと理解するために、農水省や経産省の関連部門から講師をお招きし新たな政策の概況をお話いただいたり、成功している農業経営者の方や6次産業化プランナー(※)、実務家として活動されている方など、農業に造詣の深い方を中心にお話いただきます。また、昨年からは視察旅行を行っています。実際に足を運ぶことで知ることも多いですし、経営者の苦労話などもお聞きできます。特にここ最近は6次産業化に主軸を置いていますので、6次産業化に関する情報提供が主になっています。

―会員である会計事務所さんでは、具体的にどのような業務をされるのですか?
 会計事務所の一般的な業務は、事業者の収益、費用、所得計算、正しい納税のご支援などがあります。しかし、このような業務だけでは付加価値は生まれません。会計事務所はお客様の財務に関わること全てを知る立場にあります。なぜなら、経営者は会社の財布の中身も、取引状況も、借金も、全てを会計事務所にさらけ出すことになるからです。だからこそ、家族にすら話せないことも含め、会計や税務の問題、人の問題、個人財産や相続の問題、ライフプランなど、多岐に渡る相談をされる事も多くあります。そのような相談に総合的なアドバイスをすることも、会計事務所では大変重要になってきます。
 また、会員さんの顧問先は農業関係だけでなく、製造業、流通業、小売業、飲食業など様々です。全国に様々な業種と繋がった会員さんがいることで、将来的には、地域を超えた農産物流通や、農業者と他業種をマッチングさせ新たな6次産業が生まれる、ということも出来てくるかもしれません。

―様々な可能性がありますね!御社のこれらの取り組みは、農業界にどのようなインパクトを与えると思いますか?
 農業は未知数の部分が多い分、すごく可能性は感じますし、刺激的な団体や企業さんも多く、非常に面白い業種だと思います。その業界へ、会計事務所の持つ経験や事例を活かし、共有しながら、農業の存在価値が高まっていくような変革をしていきたいですね。


※6次産業化プランナー・・・都道県ごとの6次産業化サポートセンターに配置された人のこと。6次産業化につながる案件の発掘や新商品開発、販路拡大のアドバイス、6次産業化法の認定申請から認定後のフォローアップまでを一貫サポートする。(参考:農林水産省WEBサイト)




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る




posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 金融
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: