農業界地図ロゴ

2015年06月30日

品質と信頼で農業者と連携!【株式会社アグリ吉野家IS】

株式会社アグリ吉野家IS 仕入販売本部 本部長 久保 護

 今回は、有限会社穂海農耕さん(新潟県)からのご紹介で取材をさせていただき、穂海さんと吉野家さんの関係性を中心に伺いました!

有限会社穂海農耕 丸田社長のインタビューはこちらから

(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」31号/2015年夏号より転載)

品質と信頼で農業者と連携!

―御社について教えてください。
 当社は、吉野家ホールディングス(牛丼の吉野家、ステーキのどん、はなまるうどん、京樽、等の持株会社)向けの原料の調達会社として平成21年に設立された会社です。その中で私は主に、吉野家、どん、はなまる、で使用するお米の仕入れを担当しています。

―穂海さんとは「みつひかり」でお取引をされているとお聞きしましたが、他にもお取引先があるのでしょうか?
 はい。現在、全国22社の農業法人様等とお取引がございます。ただ、この22社は窓口であり、穂海様のように個人農家様から集荷をされているケースもありますので、実際には100軒を超える農業者様と繋がりがあります。お取引先は今後どんどん増やしていきたいと思っています。

―どのようなお米を仕入れていますか?
 各事業所に合ったお米を仕入れています。例えば吉野家では、牛丼適性のあるお米です。具体的には、タレ通りが良い、硬質系のお米です。穂海さんに作っていただいている「みつひかり」もその一つです。
 農業者様には当社の品質に合うお米を作っていただいておりますが、栽培品種を決める際は安定生産ができるよう、収量性があるか、その地域で作りやすいか、価格に合うか等の意見交換をし、双方の意見が合致するお米を選んでいます。

―お取引をする上で大事なポイントはありますか?
 信頼関係を築けるかどうかですね。そのためにも実際に現地へ行き、情報交換をさせていただいております。農業者様からは生産現場の情報をいただくので、こちらからは外食の現状や、その他にもお役に立ちそうな情報をご提供しています。
 このように、お取引様を含め様々な方とお話が出来ることはバイヤーの楽しさでもあります。特に農業者様は、お話をさせていただく方のほとんどが社長さんなので、経営者の感覚やご判断など大変勉強になりますね。自己成長にも繋がります。

―逆に、どのような時が大変ですか?
 欠品が許されないので、天災が起きても大不作でも、店舗から要求があれば供給し続けなければならない時ですね。様々な工夫をして乗り切っています。

―最後に、学生へ一言お願いします!
 農業を始める人が一人でも増えれば嬉しいですし、継続的な販売先として当社がなれればとも思います。その為にも「マーケットイン」の感覚が重要です。今何が求められているのか、察知し続けてほしいですね。




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る




posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 外食産業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: