農業界地図ロゴ

2015年06月30日

地域産業・農業をより強く!【第四銀行 営業統括部 ニュービジネス企画室 上席調査役 西山豊】

第四銀行 営業統括部 ニュービジネス企画室 上席調査役 西山 豊

今回は、有限会社穂海農耕さん(新潟県)からのご紹介で取材をさせていただき、穂海さんと第四銀行さんの関係性を中心に伺いました!

icon_s_blog.jpg有限会社穂海農耕 丸田社長のインタビューはこちらから

(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」31号/2015年夏号より転載)

地域産業・農業をより強く!

―穂海さんとは、どのような事業をされているのでしょうか?
 銀行なので通常の銀行取引はもちろん、丸田さんが主宰されている「水稲農業経営研究会」の運営サポートや、当行が実施する農業セミナーの講師を受けていただくなど、様々な事業を行っています。

―お金の貸し借りだけでなく、様々な事業もされているとは驚きです!
 はい。他の金融機関もそうですが、銀行は貯金や融資だけではなく、地域に根付いた産業を活性化するための様々な事業を行っています。ここ新潟県は、農業と農業から発展した食産業が盛んな地域です。当行が農業・食の分野に本格的に参入したのは平成17年からですが、農業者様からは、大規模化、6次産業化、販路開拓、ファンドによる資金調達など、様々なご相談をいただいています。当行では、ご相談者様それぞれの課題解決に向けた支援を行う事はもちろん、川上から川下まで多くの事業者様と繋がりがある当行の特徴を活かし、農業者様と食品メーカー様・小売業者様等とのマッチング商談会なども定期的に開催しております。

―農業分野をサポートする中で、どのような課題があると思われますか?
 全国には「農業県」と呼ばれる県が多々ありますが、地域によって性質は大きく異なります。例えば、新潟県は稲作が主力ですが、九州では畜産業、北海道では大規模農業というように作目も規模も違います。つまり、全国一律のやり方ではなく、それぞれの地域に応じたサポートが必要になってきます。
 また、川下の方々からは「農家さんと連携したい」「県内産の原材料を使いたい」というニーズが非常に高いのですが、「どこに相談をしたら分からない」という声も多く聞きます。その両者を繋ぐことも、当行の大きな役割だと考えています。

―事業を通し、農業者の皆さまの意識はどのように変わりましたか?
 様々ありますが、例えば「水稲農業経営研究会」に参加されている農業者様は「数字をちゃんと捉えよう」という意識が強くなったと思います。売上、製造原価、コストなど経営に必要な数字を捉え、分析することは、強い経営体をつくるために重要です。儲かる産業には若者も入ってくるので、ご活躍を期待しています。

―最後に、今後の目標を教えてください!
 新潟県の農業ビジネスを発信・発掘し、地域産業としてより強くしていきたいですね。




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る




posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 金融
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: