農業界地図ロゴ

2015年06月30日

エサは食品!考え方と行動で信用を築く。【(株)大谷金太郎商事 飼料部長 浜野】

株式会社大谷金太郎商事 飼料部長 浜野武志

 今回は、株式会社みやじ豚さん(神奈川県)からのご紹介で取材をさせていただき、みやじ豚さんと大谷金太郎商事さんの関係性を中心に伺いました!

icon_s_blog.jpg株式会社みやじ豚 宮治さんのインタビューはこちらから

(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」31号/2015年夏号より転載)

エサは食品!考え方と行動で信用を築く。

―みやじ豚さんとはいつ頃からお取引をされていますか?
 30年以上前からです。当社では畜産や園芸、野菜、造園農家、等を対象にした資材の卸売り販売をしていますが、畜産においては、神奈川県内の養豚家や酪農家への飼料販売・営業を行っています。具体的には、飼料メーカーより仕入れた飼料を、主に自社車にて納品しています。その中に、みやじ豚さんも含まれます。

―みやじ豚さんとのお取引で、特徴的な点はありますか?
 どの畜産農家さんもそうですが、特にみやじ豚さんは、衛生面や消毒を徹底されていますね。また、最近では、みやじ豚さんの豚に合った飼料をご提供していますが、この原料は神奈川県内でもみやじ豚さんだけだと思います。通常の飼料はトウモロコシを主体としていますが、みやじ豚さんの場合は、「小麦を主体にした飼料」を希望されていたので、小麦、マイロ、キャッサバを主体とした飼料をご提供しています。

―御用聞きもされているのですね。
 要望はお聞きしますが、以前よく行っていた各農場へ伺う「御用聞き」は控えています。ここ最近は、PED(豚流行性下痢)の影響もあり、飼料の運搬など、よっぽどでない限り豚舎へは行かないようにしていますから。話し合いが必要な時は、豚舎から離れた場所や、2〜3ヶ月に1回開催する会議等で話をしています。

―ところで浜野さんは30年以上営業マンをされているとお聞きしましたが、どういった点が一番楽しいですか?
 信用されて取引が始まった時ですね。

―信用されるために、どのようなことを心掛けていらっしゃいますか?
 例えば、時間をきちんと守る、約束は必ず守る、身なりをきっちりする、等です。だらしのない人とは取引したくないでしょう?それに、エサは食品です。エサを食べた豚や牛が、肉や牛乳になって、いずれ人の口に入ります。そう考えて、エサも丁寧に取り扱うようにしています。

―最後に今後の目標を教えてください。
 県内の養豚家や酪農家は、若手の後継者も多くいますが、絶対数としては残念ながら減っていく方向にあるので、1軒でも多くお取引できればと思っています。畜産業は大変な面も多いですが、大変やりがいのある職業でもあると思うので、就農を目指す人は頑張ってほしいですね。




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る




posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 肥料・飼料
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: