農業界地図ロゴ

2016年09月30日

全国に広がる「援農隊」!【農林水産省】

全国に広がる「援農隊」

「援農隊事業」の仕組み.jpg農業の担い手不足が叫ばれている中で、全国に広がる「援農隊事業」をご存知でしょうか? 2014年に農林水産省が呼びかけ、全国各地で援農の仕組みづくりが推進されています。
今回は、「援農隊事業」がスタートした背景から現場の生の声まで取材しました!
全国推進事業者(株式会社パソナ農援隊)の取り組み
地区推進事業者(西宇和みかん支援隊)の取り組み

(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」36号/2016年秋号より転載)

「援農隊事業」とは?

援農隊.jpg「援農隊事業」(※1)は、農林水産省さんの補助事業です。
詳細についてご担当者の平井 有貴子さん(農林水産省 生産局 技術普及課/写真右)に伺いました。

―「援農隊事業」の概要について教えてください。
 当事業の政策目標は「繁閑期にあわせた労働力の安定確保」です。具体的には、「地区推進」と「全国推進」を行う事業者を公募し(※2)、一時的な労働力が必要な産地において労働力の確保・育成・マッチング等をするための仕組みづくりを支援するもので、平成26年度から 30年度までの5年間実施します。
 目的は、「援農隊」のモデルケースをたくさん作ること。集めたモデルケースを広くPRし、労働力不足で悩む全国の産地の取組の参考にしていただくことで、全国の産地の底上げをしたいと思っています。

―「援農」という取組み自体は以前から様々な自治体や農業団体等も実施されていますが、この「援農隊事業」ならではの特徴は何ですか?
 事業者同士の横のつながり≠ェできることですね。例えば、当事業では、全国推進事業者が、年4回以上「全国会議」や「テーマ別会議」という形で、全国の地区推進事業者を集めて会議や先進地視察を行うこととしていますが、地域を越えた情報交換によって刺激を受け合ったり、ある地区(事業者)で効果的だった取組みを他の地区(事業者)でも取り入れるという波及効果を生む場となっています。

―最後に、「援農をしてみたい」と考えている学生に一言お願いします!
 「援農隊事業」は就農よりももっと手前にある事業です。農業に踏み込む気軽な一歩として捉えていただければと思いますし、数ある農業現場での勉強の場の一つとして「援農隊」を選んでもらえると嬉しいです。
 少しのお手伝いでも喜んでくださる産地はたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてください!

(※1)正式名称は、農業労働力最適活用支援総合対策事業のうち援農隊マッチング支援事業。

(※2)「援農隊事業」の仕組み
「援農隊事業」の仕組み.jpg



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る





posted by agri-map at 00:30| Comment(0) | 様々な取り組み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: