農業界地図ロゴ

2017年03月30日

地域と共に。〜JAあつぎ食農教育プラン 夢未kidsスクール〜

「『食にはこれだけ多くの人が関わっているんだ』ということを知り、農や食を『見極める目』を育ててほしい」。そう仰るのは、JAあつぎ食農教育担当の小池さん。今回は、小学生を対象にした食農教育事業「夢未kidsスクール」にかける想いを伺いました!
(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」37号/2016年冬号より転載)

地域と共に。 JAあつぎ食農教育プラン 夢未kidsスクール

―「夢未kidsスクール」の活動内容を教えてください。
 JAあつぎ管内の小学4〜6年生を対象に、1年間を通して食農教育を行っています(定員32名)。当事業は7年目になりますが、毎年少しずつテーマや内容を変えています。今年は「目指せ!もち米マイスターへの道!」というテーマで、5月の田植えから始まり、稲刈り・販売・もちつきと、栽培から口に入るまでの一連の流れを学べる企画にしました。田んぼ作業以外にも、地域の農家さんの畑を見学させていただいたり、農家さん指導のもと収穫した野菜を使ってメニューを考えて調理したり、厚木市職員の方に当県(厚木市)の農業について教えていただいたり、運営にも関わってくださっている東京農業大学の先生や学生さんから食の大切さを教わったりと、盛りだくさんな内容になりました。

37号_JAあつぎ夢未kids (2).jpg
田植えの様子。田んぼは1反あり、全て手植え・手刈り。

37号_JAあつぎ夢未kids (3).jpg
調理実習の様子。地場の農畜産物でオリジナル料理作り!

―農家さんや大学など、様々な方との関わりがあるのですね。
 当事業では、JA・農家・行政・大学がネットワークを組み「食について自分たちの問題として認識」することを目的の一つとしています。東京農大の先生ならびに学生ボランティアをはじめ、様々な分野の多くの方々からご協力をいただき運営ができていると実感しています。子ども達も毎回様々な「先生」から農や食を教えていただけるので、大変勉強になっているようですよ。

―どのような時に子ども達の成長を感じますか?
 毎回日記を書いてもらうのですが、その日に学んだことを細かく書いてくれるお子様が多く、「こんなところまで学んでくれていたんだ!」と驚かされることがよくありますね。
 また、夏に実施した田んぼの生き物調査では、最初は気が進まずなかなか田んぼに入らなかった子も、気付けばどんどん田んぼに入っていって、自分が植えた稲の状態、田んぼにいる生きものを観察し、田んぼの役割まで学んでいました。秋には、10月に全て手刈りで収穫をしました。そして11月の農業まつりでは「自分たちで作ったお米です」と言って一生懸命販売をしていました。毎年、もち米を販売したお金は復興支援と社会福祉協議会へ寄付をしています。
 今は買えば何でも手に入る時代ですが、農産物ができるまでの大変さを体験してもらうことがすごく大きな学びに繋がると思います。

―今後の目標を教えてください!
 今は小学生が対象ですが、保護者をはじめ様々な方に、地産地消や農業理解を促していきたいですね。

先生と学生に聞く!

37号_JAあつぎ夢未kids (1).jpgこの活動に参加されている東京農業大学農学部の御手洗(みたらい)助教と学部4年生の神辺さんにもお話を伺いました!
(写真 左:御手洗助教、右:神辺さん)

―「夢未kidsスクール」ではどのような関わり方をされていますか?

御手洗助教: 参加者(小学生)同士が仲良くなれるように間を取り持ったり、活動がより楽しくなるようなサポートをしています。また、全10回のプログラムのうち1回は「農大プログラム」といって大学に子ども達が来る回があるので、「大学だからこそ味わえる取組みをしてもらおう」と企画を考え実施しました。

―活動を通して得たことは?

神辺さん: 私はこの活動を卒論のテーマにしています。その一環で毎回同じ内容のアンケートを取っているのですが、参加2年目・3年目の子の方が高い目標を掲げている傾向にあり、農作業によっぽど興味があるのだと思いました。

御手洗助教: 私は、子ども達にもっと農業を知ってもらうにはどうしたらいいかを学ぶ良い機会になっています。この事業は「自分たちの体は食に支えられていて、その食の根源は農である」ということを体現的に学べる事業だと思います。いずれは、調理クズ等を土に還して、循環を含めた一連の流れが学べる活動になればいいなと思っています。






※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る


posted by agri-map at 13:21| Comment(0) | JA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: