農業界地図ロゴ

2017年03月31日

日本政策金融公庫のお仕事<後編>
農業経営を融資でサポート!〜さいたま支店編〜

農業経営を資金面からサポートし、加えて経営改善のアドバイス等も行う日本政策金融公庫 農林水産事業(以下、日本公庫と記載)。
農林水産業専門の金融機関だからこそできるサポートとは?
実際に資金を利用している農業法人の方も交えてお話を伺いました!
(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」38号/2017年春号より転載)

農業経営を融資でサポート! 〜さいたま支店編〜

松山さんと坪井さん.png
【農業経営者】 松山英樹さん(写真右)
【日本公庫】   さいたま支店 農林水産事業 坪井泰之さん(写真左)

―松山さんは昨年夏に新規就農されたとのことですが、融資を受けたきっかけを教えていただけますか?

松山さん
 非農家からの新規就農ということもあり、農業機械も資材もなく、加えて手持ち資金も少なかったので、運転資金を確保するため融資を受けたいと思いました。「農業で笑顔を増やしたい!」という理想はありますが、経営の基盤を作らないことには、理想の実現も 挑戦もできませんからね。
 あと、就農をした埼玉県熊谷市は自分の出身地でもなく土地勘もなかったので、就農にあたっては農協の方に相談をしていました。運転資金の確保を考えた時、私が借りたいと思った「青年等就農資金」は日本公庫の資金だったので、農協経由で日本公庫をご紹介いただきました。

―そうなのですね。ご紹介を受けてからどのようなやり取りをされましたか?

坪井さん
 経営計画をご提出いただくことはもちろんですが、技術面やご本人の就農への想い、地域の支援状況なども確認させていただきました。経営計画に関しては、連絡を取り合いながら地域の単収・単価等と比較したり、単収を実現する技術的根拠、規模拡大に必要な農地の確保状況などをヒアリングしつつ、ほかにも、財務や経理のアドバイス、関係機関の紹介などもいたしました。

―お客さまと接する時は、どのような点を大事にされていますか?

坪井さん
 誠実に向き合うよう心掛けています。

松山さん
 おかげさまで想像以上にスムーズに手続きが進み、無事、農機も資材も購入できました。そのおかげで1年目からガンガン作業ができましたよ!

―作目は野菜ですか?

松山さん
 そうです、野菜のみです。ハウス1棟(8畝)と露地7反で季節の野菜を生産し、出荷・販売しています。

―生産技術はどこで身に付けましか?

松山さん
 3年間、隣の市の農家の元で研修をしていました。そこは、自分の理想に近い農業をされていることと儲かっているという点で決めました。かなり忙しい研修先でしたが、「やった分だけ結果が出る」と実感しましたね。世間ではよく「農業は稼げない」って言われますが、やり方次第で大きく変わると思います!

―最後に学生へ一言お願いします!

坪井さん
 当社の農林水産事業は、担い手支援が第一義だと思っています。担い手として頑張るか、担い手を支援する側になるか、選択肢は様々ありますが、農業を盛り立てていくという気持ちがある方と、ぜひ一緒に働きたいと思っています!

松山さん
 農業には夢がある!まずは農業体験を通してそれを実感してほしいですね。そこで「違うな」と思い農業以外の道に進んでも、その業界で必死に仕事をしてほしいし、「農業だ!」と思えば農業の道に進んでほしい。もちろん、新規就農は未経験だと厳しいので、まずは農業研修を積む方が良いと思いますが、農業は若者ウェルカムな業界なので入り込みやすいと思いますし、色々な方に協力いただけると思います。「起業して一発やってやる!」という気合いのある方にもお勧めです!

農業で起業しました!

松山さん.png「起業を考えたときに“農業だ!”って思ったんです」。
そう語る松山さん(31)に、新規就農までの道のりをお聞きしました!

Q. 就農を目指したきっかけは?
A. 大学卒業後、一般企業で働いていましたが、ドライな仕事環境・人間環境が合わず、「自分は本当は何をしたいのか」を真剣に考えました。その時に「自分が関わったコトやモノで皆が笑顔になる仕事がしたい。起業したい」と考え、「農業だ!」と思いました。それが27歳の時です。それからすぐに会社を辞め、3年間の農業研修を経て、昨年夏に埼玉県熊谷市で独立しました。

Q. どうやって農地を取得しましたか?
A. 研修先が隣りの市だったので気候が似ていることと、施設野菜をしたくて借りられるハウスを探している時にここが見つかりました。あと、「地域農業に強い人がいる」と聞けば訪ねたり、農家やJAの方々が集まる会議に参加したり、「本当にできるのか?」と聞かれたときは計画や想いを熱く語るなどをしていると、地域の方々とも仲良くなり、農地もお借りすることができました。情熱をもって動くと、周りの方々は助けてくれると思います!

会社紹介

●日本政策金融公庫 農林水産事業とは?
日本政策金融公庫は、大きく「国民生活事業」「農林水産事業」「中小企業事業」の3事業に分かれています。その中で「農林水産事業」は、農業・林業・漁業・食品産業の事業者へ融資をしています。大きな特徴の一つは株式の100%を国が保有する政策金融機関であること。国の政策を金融面から後押しするという役割があります。
【URL】 https://www.jfc.go.jp/n/recruit/business/business04.html

voice37_13p05.jpg●どんな仕事をしているの?
「社名から堅い会社をイメージされる方もいらっしゃるようですが、必ずしもそんなことないですよ!」と話す職員の皆さまに、就活秘話や仕事のお話を伺いました。
*WEBサイトに掲載中
http://agri-map-interview.sblo.jp/article/177800190.html



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る


posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 金融
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: