農業界地図ロゴ

2015年10月16日

農業機械総合専業メーカー【井関農機株式会社】

井関農機株式会社

農業機械は現代農業の大きな縁の下の力持ち。それら機械を生み出すメーカー企業の仕事内容や想いとは?今回は、井関農機株式会社 海外営業本部 アジア営業部 菊池夏樹さんにお話を伺いました。
(取材:2015/10/16)


※井関農機 菊池さん(右)とインタビュアーの学生スタッフ(左)

―はじめに、御社について教えてください。
 当社は農業機械総合専業メーカーです。主に農業機械の製造・販売事業を行っております。
 国内だけではなく、海外へも積極的に事業展開を行っており、世界の農業や食を「農業機械」の面から支えている企業です

 当社の強みは、大きく分けて2つあります。
 一つ目は農業機械事業に注力していることです。当社は農業機械総合専業メーカーです。全ての事業が農業と直結します。つまり、農業と共に歩んでいる企業です。農業と真剣に向き合うことにより、農業機械を通して、お客様のニーズに沿った新しい農業のスタイルを農家さんに提案できます。これは当社が農業に専念しているからこその強みですね。
 二つ目は技術開発力です。特許の査定率が2004年〜2010年までの7年連続及び2012年・2013年で全産業中第1位となりました。農業機械の進化には、やはり技術が必要です。こうした特許を取得した当社の高い技術を活かした製品の開発・販売を行っております。
 
―御社の中で、菊池さんはどのようなお仕事をされていますか?
 私は入社6年目で、入社後は国内の営業担当をしていました。そして約2年前からアジア営業部で仕事をしています。
 主な営業業務は、各国代理店との交渉、農業に関する情報収集、現地の農業機械市場の把握、現地に適した新製品の紹介・導入です。東京での勤務が中心ですが、2-3ヵ月に一度のペースで担当している東南アジアへ出張し、現地の販売代理店と打合せ、ユーザー訪問等を行っております。

―国内と海外の両方での営業経験をお持ちなのですね!最初に「海外営業本部へ異動」と聞いたとき、どのように思われましたか?
 もともと海外に関わる仕事に携わりたいと考えていたので、希望が通り嬉しかったです。

―実際に海外営業本部のお仕事を始められて、大変だったことはありますか?
 日本の営業方法とは異なる点が多々あることです。
 やはり国内営業と海外営業の大きな違いとしまして、言語が挙げられますが、同じ英語でも地域ごとにアクセントがあり、お互いの意思疎通が上手くいかないことがあります。専門用語も多く、コミュニケーションを円滑に図るために、表現を変えてみたり、一旦持ち帰り調べてから回答したりと工夫や勉強を重ね、語弊がないように心がけています。
 他には、各市場に適した仕様の農機の導入ですね。日本の農機をそのまま持ち込みましても、各国の環境、条件により適さないことがあります。各国の現地の気候、栽培体系、年間作付回数、土質、灌漑施設等のインフラ等日本と環境条件が全く異なるため、其々の条件のあった農機の開発・導入が必要です。そのため、時間をかけてテストを行う等試行錯誤しながら、日本の技術を活かした現地が求める製品を導入しています。

―大変なことも多いと思われますが、どういった時にやりがいを感じますか?
 海外営業においては、新しい市場に新商品を先駆けて紹介・導入していくことに、非常にやりがいを感じています。
 また、当社創業者の考え方のひとつに「農家を過酷な労働から解放したい」という理念があります。現在、農作業を人力・畜力により農家が重労働を強いられている地域がありますが、これらの労働環境に農機を導入することより、各国の農家の過酷な労働条件から開放していきたいと考えております。
 日本はもちろん、世界へ目を向けて、農業に携わる方々を楽にする。「素晴らしい仕事に携わっている」と誇りを持って働いています。

―最後に、農業機械業界に興味を持っている大学生に向けてメッセージをお願いします!
 みなさんは農業にどのようなイメージをお持ちでしょうか。
 正直に言って「きつい、汚い」といった負のイメージもあると思います。しかし、これらのイメージを農業のスタイルそのものを変えてきた農業機械こそが変えることができると思っております。農業に直結した仕事がしたい方、特に農業の新しい未来を切り開いていきたい方には最適な業界だと思います。

 当社では、研究開発職は理系の方がメインですが、営業職は文系・理系関係なく採用しています。営業職の中には、現場で農業に関する幅広い知識を活かす部署もあれば、企業として財務や人事といった管理部署もあります。当社には個性的な方々が多く、自由な雰囲気があります。農業機械総合専業メーカーで働きたいという方は、ぜひ当社に興味を持っていただければ嬉しいです。

〜もっと井関農機さんを知ろう!〜

 




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る




posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 農業機械

2014年06月30日

夢は、農家さんへ貢献すること!【井関農機(株)尾本翔次郎】

井関農機株式会社 尾本翔次郎

voice27_2-3p.jpg
(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」27号/2014年夏号より転載)

プロフィール

氏名 尾本 翔次郎(25)
出身 福岡県福岡市
略歴 九州大学大学院卒業後、井関農機株式会社に就職。現在、夢ある農業応援プロジェクト推進部にて、疎植栽培の研究・普及を中心に活躍中!

夢は、農家さんへ貢献すること!

―入社のきっかけを教えてください。
 「農家さんに貢献したい」と思い、当社はそれを実現できる会社だと感じたからです。
 私が「農家さんに貢献したい」と思ったのは、大学時代の経験からです。まず、大学3年生のとき、友達から「畑やろうぜ」と誘われてトマトを作ったのですが、あの小さい種から芽が出て、大きくなって、実をならせる、ということに感動しました。その時、「植物って凄い!それを育てる農家さんってどんな感じなんだろう?農業って楽しいのかな?」と思い、修士での2年間は、近くの農業法人でアルバイトをしていました。平日は学校があるので土日を中心にバイトをしていたのですが、農家さんは土日も休みなく働いているということを実感しました。休みなく働いて、日本国民の食料を生産する。それを思うと、本当に尊敬できますし、「この人たちの力になりたい。貢献したい」と思うようになりました。

 ではどうしたら貢献できるのか?と考えたとき、「農業機械が一番農家さんに貢献している!」と思ったので、農機メーカーを志望しました。様々な企業の中から当社を選んだ理由は、ハード面だけでなくソフト面からも支援している点に魅力を感じたからです。

―どういった支援をされているのですか?
 当社は農機メーカーです。農業機械の開発・製造・販売を事業としています。現在それに加え、農家や販売員の方に低コスト・省力栽培技術の提案・指導といった営農ソフト面の支援を行っています。私が所属している「夢ある農業応援プロジェクト推進部」はそういったソフト面の支援を主な業務としており、その中で私はイネの疎植栽培の提案・指導を中心に取り組んでいます。

―疎植栽培とは、どういった技術ですか?
 イネを植えるとき、一般的には1坪あたり60〜80株になるように植えるのですが、疎植栽培はそれを1坪あたり37株に減らして植えます。そうすると、株数が少なくなるので苗代が削減できます。また、風通しが良くなるので病気も減り、株張りも良くなり、しかも収量は変わりません。実はこの植え方は、田植機が普及する以前の、手植えの時代と同じです。1坪60〜80株で植える方法は、田植機の能力に応じて決まってきました。田植機で疎植を行う場合、以前の技術では効率よく、かつ、きれいに植えることが難しく、何年も研究を重ねた結果、平成11年に疎植栽培用の田植機が完成しました。

 ただ、疎植栽培で通常と同等の収量を確保するためには、中干しのタイミングなど、疎植栽培に応じたコツも必要になってきます。そのための講習会や栽培指導を定期的に行っています。講習会に参加された農家さんから「役に立った。良い話を聞いた」という声を聞くと、「この仕事は全国の農家さんのお役に立っているのだな」と実感します。私は来年、講師デビューの予定なので、仕事を通して日々勉強しています。

―普段はどのような業務をされていますか?
 主に圃場でイネの疎植栽培の実証実験や研究をしています。実際にイネを育てているので、農家さんの苦労も実感できますし、そういった現場経験があるからこそ農家さんとも込み入った話ができるようになると思います。また、全国出張も多く「キツイ部署だ」とも言われますが(笑)、入りたい部署に入って、やりたいことをやっているので、キツイと感じたことはあまりないですね。

―最後に、学生へメッセージをお願いします!
 自分の夢や目標を持った方が良いですね。仕事は1日の大半を占めるので、就職がゴールでなく、就職した後、その仕事の中で自分のやりがいを見出せるかどうかが重要だと思います。夢の実現に向けて、頑張ってください!

ちょっと気になる一問一答

Q 学生時代の専攻は?
A 環境問題を解決したいと思い、農業土木を専攻していました。学生時代は農業機械について学ばなかったので、面接の時も「ハード面でなくソフト面から農家さんを支援したい」と話しました。

Q 好きな農作業は?
A スタブルカルチで深耕をしている時ですね。乾いた田んぼに爪を刺して、耕盤をビリビリビリって持ち上げながらダダダダーって進んでいくのが、とても気持ちいいです!

Q 趣味は?
A 読書です。小説が好きです。

Q 好きな言葉は?
A 「死んでるみたいに生きたくない。生きてるみたいに生きるんだ」。ある小説に出てくる言葉です。

Q 好きな女性のタイプは?
A 笑顔が素敵な方ですね。あと、農業は好きでいてほしいです!

Q 今後の目標は?
A 自分だけの強みを活かし、部署に欠かせない存在になることです。当面の目標は、何でもできる1つ上の先輩に早く追いつくことです!




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る




posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 農業機械