農業界地図ロゴ

2017年03月31日

日本政策金融公庫のお仕事<後編>
農業経営を融資でサポート!〜さいたま支店編〜

農業経営を資金面からサポートし、加えて経営改善のアドバイス等も行う日本政策金融公庫 農林水産事業(以下、日本公庫と記載)。
農林水産業専門の金融機関だからこそできるサポートとは?
実際に資金を利用している農業法人の方も交えてお話を伺いました!
(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」38号/2017年春号より転載)

農業経営を融資でサポート! 〜さいたま支店編〜

松山さんと坪井さん.png
【農業経営者】 松山英樹さん(写真右)
【日本公庫】   さいたま支店 農林水産事業 坪井泰之さん(写真左)

―松山さんは昨年夏に新規就農されたとのことですが、融資を受けたきっかけを教えていただけますか?

松山さん
 非農家からの新規就農ということもあり、農業機械も資材もなく、加えて手持ち資金も少なかったので、運転資金を確保するため融資を受けたいと思いました。「農業で笑顔を増やしたい!」という理想はありますが、経営の基盤を作らないことには、理想の実現も 挑戦もできませんからね。
 あと、就農をした埼玉県熊谷市は自分の出身地でもなく土地勘もなかったので、就農にあたっては農協の方に相談をしていました。運転資金の確保を考えた時、私が借りたいと思った「青年等就農資金」は日本公庫の資金だったので、農協経由で日本公庫をご紹介いただきました。

―そうなのですね。ご紹介を受けてからどのようなやり取りをされましたか?

坪井さん
 経営計画をご提出いただくことはもちろんですが、技術面やご本人の就農への想い、地域の支援状況なども確認させていただきました。経営計画に関しては、連絡を取り合いながら地域の単収・単価等と比較したり、単収を実現する技術的根拠、規模拡大に必要な農地の確保状況などをヒアリングしつつ、ほかにも、財務や経理のアドバイス、関係機関の紹介などもいたしました。

―お客さまと接する時は、どのような点を大事にされていますか?

坪井さん
 誠実に向き合うよう心掛けています。

松山さん
 おかげさまで想像以上にスムーズに手続きが進み、無事、農機も資材も購入できました。そのおかげで1年目からガンガン作業ができましたよ!

―作目は野菜ですか?

松山さん
 そうです、野菜のみです。ハウス1棟(8畝)と露地7反で季節の野菜を生産し、出荷・販売しています。

―生産技術はどこで身に付けましか?

松山さん
 3年間、隣の市の農家の元で研修をしていました。そこは、自分の理想に近い農業をされていることと儲かっているという点で決めました。かなり忙しい研修先でしたが、「やった分だけ結果が出る」と実感しましたね。世間ではよく「農業は稼げない」って言われますが、やり方次第で大きく変わると思います!

―最後に学生へ一言お願いします!

坪井さん
 当社の農林水産事業は、担い手支援が第一義だと思っています。担い手として頑張るか、担い手を支援する側になるか、選択肢は様々ありますが、農業を盛り立てていくという気持ちがある方と、ぜひ一緒に働きたいと思っています!

松山さん
 農業には夢がある!まずは農業体験を通してそれを実感してほしいですね。そこで「違うな」と思い農業以外の道に進んでも、その業界で必死に仕事をしてほしいし、「農業だ!」と思えば農業の道に進んでほしい。もちろん、新規就農は未経験だと厳しいので、まずは農業研修を積む方が良いと思いますが、農業は若者ウェルカムな業界なので入り込みやすいと思いますし、色々な方に協力いただけると思います。「起業して一発やってやる!」という気合いのある方にもお勧めです!

農業で起業しました!

松山さん.png「起業を考えたときに“農業だ!”って思ったんです」。
そう語る松山さん(31)に、新規就農までの道のりをお聞きしました!

Q. 就農を目指したきっかけは?
A. 大学卒業後、一般企業で働いていましたが、ドライな仕事環境・人間環境が合わず、「自分は本当は何をしたいのか」を真剣に考えました。その時に「自分が関わったコトやモノで皆が笑顔になる仕事がしたい。起業したい」と考え、「農業だ!」と思いました。それが27歳の時です。それからすぐに会社を辞め、3年間の農業研修を経て、昨年夏に埼玉県熊谷市で独立しました。

Q. どうやって農地を取得しましたか?
A. 研修先が隣りの市だったので気候が似ていることと、施設野菜をしたくて借りられるハウスを探している時にここが見つかりました。あと、「地域農業に強い人がいる」と聞けば訪ねたり、農家やJAの方々が集まる会議に参加したり、「本当にできるのか?」と聞かれたときは計画や想いを熱く語るなどをしていると、地域の方々とも仲良くなり、農地もお借りすることができました。情熱をもって動くと、周りの方々は助けてくれると思います!

会社紹介

●日本政策金融公庫 農林水産事業とは?
日本政策金融公庫は、大きく「国民生活事業」「農林水産事業」「中小企業事業」の3事業に分かれています。その中で「農林水産事業」は、農業・林業・漁業・食品産業の事業者へ融資をしています。大きな特徴の一つは株式の100%を国が保有する政策金融機関であること。国の政策を金融面から後押しするという役割があります。
【URL】 https://www.jfc.go.jp/n/recruit/business/business04.html

voice37_13p05.jpg●どんな仕事をしているの?
「社名から堅い会社をイメージされる方もいらっしゃるようですが、必ずしもそんなことないですよ!」と話す職員の皆さまに、就活秘話や仕事のお話を伺いました。
*WEBサイトに掲載中
http://agri-map-interview.sblo.jp/article/177800190.html



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る


posted by agri-map at 00:00| Comment(0) | 金融

2017年03月30日

日本政策金融公庫のお仕事 <前編>
農業経営を融資でサポート!〜水戸支店編〜

農業経営を資金面からサポートし、加えて経営改善のアドバイス等も行う日本政策金融公庫 農林水産事業。農林水産業専門の金融機関だからこそできるサポートとは?
実際に資金を利用している農業法人の方も交えてお話を伺いました!
(※当社発行の農業フリーペーパー「VOICE」37号/2016年冬号より転載)

農業経営を融資でサポート! 〜水戸支店編〜

37号_日本公庫.jpg
【農業法人】 有限会社野口肥育牧場 代表 野口博隆さん(写真中央)
【日本公庫】 水戸支店 農林水産事業 村瀬誉史郎さん(写真右)・阿部未来さん(写真左)

―野口さんと日本公庫は、どのくらい前から取引があるのですか?

野口さん: 私は3代目ですが、父の代から日本公庫とは取引があります。特に今は規模拡大中なので、牛舎の建設や子牛の導入費用として資金を利用しています。また、以前、牛の相場が急落した際に運転資金を借り入れし、それを元手に経営を復活させたこともありました。

―日本公庫と他の金融機関で大きな違いはありますか?

野口さん: 畜産の専門用語を使っても話が通じる点や、「この規模の経営だとこれくらい資金が必要だ」ということをご存知なので話が進めやすい点ですね。

村瀬さん: 私たちは農林水産業専門の金融機関なので、その点は強みです。例えば、「○○頭規模の牛舎を建てるにはどの程度の建設費が必要か、子牛の相場が今1頭○○万円位なので、それを 100頭購入すれば○千万円程度が必要だ」という計算も頭の中ですぐにできます。業界のことを知らないとお客さまとコミュニケーションが取れませんし、正しい融資判断もできません。

―融資だけでなく、経営のアドバイスもされていると伺いましたが、実際にどのようなことをされていますか?

村瀬さん: 例えば、お客さまの決算書を元に経営分析を行っています。当社のお客さまは全国にいらっしゃるので、例えば野口肥育牧場様と同じ肉用牛生産をされているお客さまを比較して強みや弱みなどを総合的に分析し、その結果を「経営分析表」としてフィードバックしています。

野口さん: この「経営分析表」は毎年楽しみにしています。「やや危ない」とか「健全」とか書かれていて分かりやすいですし、「ここを改善していこう」という指標にもなるので。

阿部さん: 他にもビジネスマッチングや海外展開支援など、お客さまの経営を トータルサポートしています。

―最後に学生に一言お願いします!

野口さん: 視野を広げてどんどんチャレンジしてほしいですね。

阿部さん: 私は入庫1年目です。当社に就職を決めたのは、学生時代に「農業に何らかの形で関わりたい」と考えていた時に、たまたま学内の就職説明会に参加していた当社職員の情熱と事業内容に共感したからです。もし学生さんの中で「農業者の皆様に寄り添いながら、夢や事業をサポートする仕事がしたい」と考えている方がいらっしゃれば、「金融面から直接的にサポートできる仕事もある」ことを知ってほしいなと思います。

村瀬さん: お客さまの経営を最も力強くサポートできるのは金融機関だと思います。何より、日本農業の成長・発展に寄与できるのが、農林水産業の専門金融機関である私たちの特徴です。当社の事業に共感してくれる学生さんたちと、将来一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

有限会社 野口肥育牧場

voice37_13p02.jpg
和牛・F1(交雑種)あわせて580頭を肥育している。
現在、肥育1,000頭を目指して規模拡大中。
目標は「自分の子が自発的に『継ぎたい』と言ってくれる経営にすること」。


voice37_13p03.jpg
今年完成した牛舎。新たに160頭を肥育予定。
牛舎建設や運転資金(子牛の導入やエサの購入など)等に公庫の資金を利用している。


voice37_13p04.jpg
同社では生後2か月の子牛(スモール)を購入し肥育している。
「良い肉に育てるための勉強に終わりはないですよ」と力強くお話されました。


会社紹介

●日本政策金融公庫 農林水産事業とは?
日本政策金融公庫は、大きく「国民生活事業」「農林水産事業」「中小企業事業」の3事業に分かれています。その中で「農林水産事業」は、農業・林業・漁業・食品産業の事業者へ融資をしています。大きな特徴の一つは株式の100%を国が保有する政策金融機関であること。国の政策を金融面から後押しするという役割があります。
【URL】 https://www.jfc.go.jp/n/recruit/business/business04.html

voice37_13p05.jpg●どんな仕事をしているの?
「社名から堅い会社をイメージされる方もいらっしゃるようですが、必ずしもそんなことないですよ!」と話す職員の皆さまに、就活秘話や仕事のお話を伺いました。
*WEBサイトに掲載中
http://agri-map-interview.sblo.jp/article/177800190.html




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る


posted by agri-map at 13:43| Comment(0) | 金融

2016年12月23日

日本政策金融公庫 農林水産事業

日本政策金融公庫 農林水産事業

「現場に近いところで仕事をしています。現場に行かないと、農業経営の真の姿は見えてきません。」
そう話すのは、日本政策金融公庫 農林水産事業の職員の皆さん。「社名から堅い会社をイメージされる方もいらっしゃるようですが、必ずしもそんなことないですよ!」と話す皆さんですが、実際にはどのようなお仕事をされているのでしょうか?人材開発室 人事第一グループの、和田さん、池田さん、竹本さんに伺いました!
(取材:2016/11/08 掲載:12/23)

農林公庫(1).jpg
(左より、和田さん、竹本さん、池田さん)

―貴社の事業内容について教えてください。

和田さん
 当社は大きく「国民生活事業」「農林水産事業」「中小企業事業」の3事業に分かれています。その中で、私たち「農林水産事業」は、一言で言うと大きく4つの分野――農業・林業・漁業、そして食品産業の事業者の方々へ融資をしています。

―「融資」ということは、事業にかかる資金を貸し出すことで事業者の皆さんのサポートをされているということですね。一般的な銀行とはどのような違いがあるのでしょうか?

竹本さん
 当社は株式の100%を国が保有する政策金融機関です。国の政策を金融面から後押しするという役割があります。
 例えば、新たに農業を始める方を資金面から支援する「青年等就農資金」や農業経営の改善に必要な投資に幅広くご利用いただける「スーパーL資金」(農業経営基盤強化資金)、農林漁業者が災害を受けたときや社会的・経済的環境の変化により資金繰りに支障をきたしているときにご利用いただける「農林漁業セーフティネット資金」などがあります。当社が行う融資の中には無利子のものもあり、その点も他の銀行さんとは違いますね。

―国の仕事に近いことをされているんですね。社名の通り、“日本の政策を金融で支える”会社ですね。

竹本さん
 そうですね。ただ、社名を聞いたときに「堅い会社なのかな」って印象をお持ちになる方もいらっしゃるようですが、実際はすごくお客さまに近いところで仕事をしています。

農林公庫(2)和田さん.jpg 和田さん
 お客さまを理解するためには、現場に行ってお話を伺い、自分の目で見させていただくことが一番大切です。
 私たちには農業金融に関する専門的な知識はありますが、現場で生じているお客さまの課題や悩みについては、実際に行ってお話を伺わないと分からないですから。

―そうなんですか!室内でひたすら計算をしているイメージでした…。皆さんも現場に出られることが多いのですか?

和田さん
 支店の職員は、基本的に現場に行って仕事をしているイメージですね。どのような現場に行くかは、配属される支店によって様々です。
 例えば、私が以前勤務していた岐阜支店では、飛騨牛で有名な地域ということもあり、肉用牛農家さんが多かったですね。加えて、同じ畜産経営でも養豚、養鶏などの他、稲作、畑作、施設園芸といった耕種経営を営む方もいらっしゃいました。
 一方で、特定の作物の大産地にある支店、例えば新潟支店では、稲作農家さんが多いといった特徴があります。

―イメージでは大規模農家さんにのみ融資をされているのかと思っていたのですが、家族経営の方にも融資をされているのですか?

和田さん
 お客さまの経営規模は様々です。売上が億を超えるような企業的経営の方もいらっしゃれば、比較的小規模の家族経営の方もいらっしゃいます。

―取引先の幅も広いのですね。これまで様々な農家さんと接してこられたと思いますが、仕事の中で印象的だったエピソードを教えてください!

農林公庫_竹本さん.jpg竹本さん
 私は、ある支店にいた時に、就農4年目の稲作経営を営む方に6千万円もの融資を実行できたことがとても印象的でした。
 実はそのご融資は、当時の売上高の3倍近くもの投資だったんです。リスクを考えると「その金額は融資できない」という判断もありえますますが、「それだけの金額を希望するのには何か背景があるはずだ」と思い、実際にそのお客さまを訪問して背景をしっかりと聞き取りしました。そうしたところ、その方は地域の担い手として大変期待されている方で、周囲の農家さんがそのお客さまに農地を預けようとしていたのです。そのため、今後の規模拡大を考えると大きな施設整備が必要だと判断し、融資を希望されていたのです。
 しかし、「これから農地がどんどん集まってくるから融資が必要だ!」というお話だけで融資する訳にはいきません。そこで、そのお客さまの農地賃借に関する書類を確認させていただきました。すると、続々とそのお客さまに農地が集まっていることが分かり、投資規模が決して過大なものではないことが判ったんです!その後、上司への報告やそのお客さまとのやり取りなどを経て、希望額を全額融資することが出来ました。私はその後転勤したためそのお客さまの担当を外れてしまったのですが、今ではそのお客さまは地域で耕地面積が2位の大規模な稲作経営者になったと伺っています。
 私たちの強みは、お客さまに寄り添いつつ、多くの現場経験を通じて高い専門性を培っていることだと思っています。それを体現できた、非常に印象深い経験でした。

和田さん
 私は、岐阜支店にいたときですが、ある報道の影響で飛騨牛の相場が大暴落したことがありました。それまで一頭120万円で売れていた牛が80万円になってしまい、「次の子牛を導入する資金がない」「エサが買えなくなる」という事態になったのです。そのとき、多くの肉用牛農家さんに当社の「セーフティネット資金」や「スーパーL資金」を融資させていただきました。そのことが非常に印象に残っています。突発的なことが起きたときに力を発揮できるのも政策金融機関ならではだと思います。このときは、当社の仕事に対してやりがいや使命感を強く感じました。

農林公庫(4)池田さん.jpg池田さん
 私は、本店の審査部にいたときに、災害時の審査の方法を変える業務に携わっていました。一般的に融資では担保や保証人が必要となりますが、「無担保・無保証でより迅速に対応する」という一時的なルールを作り災害復興を支援するためです。このとき「無担保・無保証にした場合にどのような影響が出るのか」という分析やリスク計算を、他の部署も交えて短期間で行わなくてはならなかったので、その当時はすごく忙しく仕事をしていました。
 しかし、それが形になり、実際にお客さまへの融資が始まると「頑張ってよかったな」と思いましたし、新聞等で「公庫が相談窓口を設置して被災者への対応を積極的にやっている」という記事を見たときには本当にやりがいを感じました。こうした迅速な取組みができることも当社の特色の一つだと思います。

―お話を伺うと農業や金融に関する専門的な知識が必要だと思ったのですが、学生のうちに学んでおくべきことはありますか?ご自身の就活時代や入社時のエピソードも踏まえ、アドバイスをお願いします!

和田さん
 現場で先輩職員のバックアップを受けつつ実務を覚えていくOJT(※)があるので、学生時代に金融の知識がないからといって心配する必要はありません。私自身も、大学では農業化学を専攻していたので、金融や法律、経済の知識がない状態からのスタートでした。
 私が当社を志望したのは、農業を産業として飛躍させていきたいと思ったからです。私の実家は農村地帯で、自分の実家にも田畑があるなど、小さい頃から農業がとても身近な存在でした。そうした環境もあり、子供の頃から漠然と「農業の世界で仕事をしたい」と思っていたのですが、就職活動の時に「いま日本の農業に求められているのは農業経営体を強くすることだ。そこで一番必要になるのはお金だ」と思い、農業経営を資金面からサポートできる当社を選びました。金融などの知識がなくても、一番大切なことは、農業を含めた一次産業への想いだと思います。

(※「on-the-job training」の略。日常の業務を通じて従業員に教育すること。公庫では若手職員に対し、先輩職員がマンツーマンで業務のフォローを行っている)

池田さん
 現場でのOJTはもちろんですが、入庫後は数カ月間の新入社員研修があり、そこで学べることも大きいと思います。私は、学生時代は農業経済学科にいたので割と当社の仕事に近いことを学んでいましたが、専門科目よりも農業実習や農村調査に夢中になっていましたので、その研修で学べたことは大きかったですね。
 新入社員研修では、公庫の業務内容や資金制度はもちろん、それらの基礎となる金融や簿記など、様々なことを学びます。新入社員研修が終わると支店に配属されますが、基礎知識を身につけてから支店に出られたのは良かったと思います。

竹本さん
 私は学生時代は水産経済学を専攻しており、将来は「日本の水産業のために仕事をしたい!」と思っていたので、金融どころか農業の知識もほとんどありませんでした。しかし、とある会社説明会で採用担当者に水産業への想いを熱く語ったところ、「あなたの水産業に対する想いは分かった。ただ、水産業だけじゃなく、一次産業全体を盛り上げてくれ」と言われ、その時初めて農業にも目が向きました。
 学生時代から「人の役に立つ何かがしたい」と思っていたこともあって、公共的な視点から日本の一次産業を支えられるという点に共感して、当社を選びました。
 実は、仕事を始めた頃は「コンバイン」さえも知らなかったのですが、当社は研修制度が整っていますし、詳しく教えてくれる先輩もたくさんいますので、知識はどんどん増えていきました。そして何より、現場でお客さまに教えていただくことを非常に大切にしています。私は、「お客さまの経営発展と自己成長が一緒にある」、そのようなイメージで仕事をしています。

―最後に、学生にメッセージをお願いします!

和田さん
 私たちの仕事は、日本の農業を支える経営者の方々に寄り添って共に歩み、更なる経営の発展に向けて新たな道を切り拓くお手伝いをする仕事です。だからこそ、果敢に新しいことに取り組み、前例にとらわれない仕事に挑戦する、そのようなチャレンジ精神と高い志を持った方を私たち公庫は求めています。
 農業と食に高い関心を持っている方や、日本の一次産業の成長産業化、地方創生といった分野に興味を持っている方は、ぜひ当社の門を叩いてください。


〜もっと日本政策金融公庫 農林水産事業さんを知ろう!〜

 




※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。
インタビュー一覧へ戻る




posted by agri-map at 14:59| Comment(0) | 金融